株BOの最低入金額はいくら?

株BOの最低入金額はいくら?

株BOは証拠金取引ではなくオプション取引の一種のため、いくら必要かと言われれば1,000円からOKだと答えるだろう。

しかし、検証するのであれば、少なくとも1万円は必要になる。

株BOのGMOクリック証券に最低入金額の決まりはない

GMOクリック証券は、証券取引口座、先物OP取引口座、FXネオ取引口座、外為OP取引口座、くりっく365取引口座、CFD取引口座、株BO取引口座、maneo取引口座の8つの総合口座になる。

まず証券取引口座を開設して、そのあと他の口座を開設申請する流れとなる。証券口座で本人確認等は済んでいるため、再度の本人確認は必要としない。

入金はGMOクリック証券の証券口座にまず振り込んでから、各口座へと振り替えるため、どの商品を扱うにしてもまずは証券口座へ

証券口座の最低入金額には決まりがないので、1,000円からでもイケる。

さらに株BOの場合、証拠金が必要ではないため、ここも1,000円からイケる。

つまり、1,000円あれば株BOは始めることが可能だ。

私の場合は検証も兼ねて1万円からスタートしている。

株BOは勝率が安定するので小資金でOK

私の場合、1日に1回しかエントリーしないので、勝率は安定している。

バイナリーオプションやFXは大きく利益を伸ばせる反面、メンタルが崩れて大きな損失を出すことも少なくない。

だからこそ、資金管理は重要だ。

1万円ごとに取引枚数は一枚と決めているので、大きく崩れる日はルールを守っている限りありえない。勝っても500円前後、負けても500円前後の損益で勝率で積み上げていく。

もっと大きな利益を手にしたくなったら、勝率が安定してからでも遅くはない。

少なくとも3ヶ月は検証してほしい。為替のBOより株BOの方がはるかに勝率が安定することを実感することになると思う。(少なくとも私はそうだった。)

株BOは一枚平均500円ほどで購入できる

株BOはその時の相場の流れにもよるが、大体500円前後で一枚購入する事ができる。そして勝利した場合、そのチケットが1,000円で払い戻される仕組み。

この辺の流れは為替のBOと同じ流れとなる。

リスク500円前後でリターンも500円前後であれば、気軽に小資金でも始められる。資金が増えてくれば二枚、五枚、十枚と購入枚数を増やしていけばいい。

どの金融商品にも言える事だが使い方によって、その金融商品の性格が変わってくる。

私のように毎日1度だけエントリーするスタイルであれば、株BOは毎日コツコツと利益を積み上げていく金融商品という性格になる。(もちろん勝率が高いことが大前提)

一方、毎日何十回もエントリーしたり、資産いっぱいまでエントリーするような使い方をするとハイリスクハイリターンな金融商品にもなる。

要は使い方次第ということだ。

株BOという金融商品を、どちらの使い方で扱うのかは個人の自由だがハイリスクハイリターンな金融商品はFXや仮想通貨で十分ではないだろうか?

株BO(株式指数バイナリーオプション)カテゴリの最新記事