FXを学ぶ全体の流れが知りたい

(注意事項:メニューは左上のにございます)

FX取引を行うにあたり最低限知っておきたいことを学びつつ、実践で理解を深めていく流れになりますので書籍等で学ぶよりはるかに身につくのが早いと思います。

全てを学んでからスタートしたいと考える方が多いかと思いますが、こういう方は2ヶ月経ってもスタートしていないと思います。

 

英語の勉強と同じですね。いつまでも教科書で単語や文法を覚えても英語が話せるようになりません。逆に話せるようになった方が単語や文法を全て理解できるようになっているわけでもありません。

わからないことがあってもどんどん行動に移す。行動する中でいろんなことの理解を深めていけばいいのではないかと思います。

 

当サイトの無料サポートでは全3回のサポートで1通りの基本とロジックを学んでいくことになります。

 

1回目、FX口座の開設からFX取引をする前に知っておいたほうが有利なことを勉強します。基礎知識のある方はもっとも大事な資金管理とメンタルについて深く理解する学習をします。

 

口座開設には数日かかります。本人確認に必要な書類をメールに添付するのが1番早く一般的だと思うので顔写真付きの身分証明書(免許証など)とマイナンバーがわかる書類が必要になるのでスマホで写真を撮っておくと便利です。

 

(FX口座への入出金にはネット銀行が断然便利です。すでに持っている方はその口座で問題ありませんが、ネット銀行をお持ちでない方はコンビニATMが無料で使える新生銀行の口座が現在は一番便利でお得です。)

 

1回目に作っていただくFX口座は考え抜いた2社のFX口座になります。それぞれ特徴、メリット・デメリットをまとめておきます。

 

DMM FX 主要FX口座の中で最も豪ドル/円のマイナスのスワップ金利(2国間の金利差)が低いFX業社

約定力(注文や決済の値段がズレにくい)は普通、キャッシュバックキャンペーンはハードルが高すぎるし、10,000通貨からの取引が最低取引金額だが、(トレンド発生時)経済指標時のスプレッドが開きにくく開いてもすぐ元に戻るのがメリット。(システムやスワップ金利が同じ外為ジャパンでも可)スキャルピングが不可なのは難点。

 

ヒロセ通商(LION FX)主要FX口座の中で最も豪ドル/円のプラスのスワップ金利(2国間の金利差)が高いFX業社

約定力(注文や決済の値段がズレにくい)が強く、キャッシュバックキャンペーンが受け取りやすく、1,000通貨からの取引が最低取引金額だが、(トレンド発生時)経済指標時のスプレッドが開きやすく元に戻りにくいのが難点。(システムやスワップ金利が同じJFXでも可)スキャルピングが公式に認められてるのもメリット。

 

(※FX口座を開設するにあたり、DMM、ヒロセ通商の順番で作っておいてください。こうすることでキャッシュバックの金額が増えます。ヒロセ通商はFX会社のりかえキャンペーンもやってます。)

※FX口座は投資者保護基金により1,000万円までは保護されているので銀行口座と同様に安全です。)

 

ここで第1のロジックを学びます。第1のロジックは相場が読めるようになる必要はないので資金管理さえ理解できればすぐにでも運用開始できます。

 

2回目、ここで環境分析とエントリーポイントについて学習します。第2章にまとめてある各種テクニカル指標を学んでエントリーポイントと決済ポイントを見つけられるようになります。

ここで第2のロジックを学びます。

 

実際にスマホやPCを使って注文方法や決済方法を体験します。このとき体験をしながらキャッシュバックも受け取るのでヒロセ通商のFX口座を利用します。

 

キャッシュバックの条件をクリアしたら、第2のロジックで運用ができるようになります。

 

3回目、ここで第3のロジックを学びますが、そのために最後のFX口座を作ります。

最後はアイネット証券の口座です。

 

アイネット証券はスワップ金利も普通、約定力も普通、スプレッドはあまり良くない感じですが、他社とは比較できないほど良いシステムトレード(ループイフダン)を用意しています。

 

第1、第2のロジックではアイネット証券の口座を使うことがありませんが第3のロジックでは要となるFX会社になります。

 

第3のロジックは理論になるので少々理解するのに時間がかかるかもしれません。理解できたら3つのFX口座を使って運用開始です。

 

ここまでで学科の教習はすべて終わりになりますが、希望者には実戦でのサポートもさせていただいております。