お金の使い方について考える

お金の使い方について考える

お金の使い方いつも考えていますか?

お金の使い方は3つに分かれていると言われています。

それは、「投資」と「消費」と「浪費」ですね。

買ったものが、払った以上の価値があるものが「投資」

買ったものが、払った額と同じ価値があるものが「消費」

買ったものが、払った額以下の価値しかないものが「浪費」

ですが、何も投資ばかりしていると豊かになれるというものではありません。

どこのお金を使うかで豊かになるところが違うと思ってます。

「投資」に多くお金を回すと「おサイフの中身」が豊かになっていくでしょう。

「消費」に多くお金を回すと「普段の生活」が豊かになっていくでしょう。

「浪費」に多くお金を回すと「ココロ」が豊かになってくでしょう。

※ここで言う「浪費」他の人から見たら価値がないけど本人からすれば価値があることを意味します。例えば、釣りが趣味の人の釣竿とかゴルフが趣味の人のクラブだったりというものですね。

「投資」にばっかりお金を回していると普段の生活とココロが貧しくなってしまうのでダメですよね。

要はバランスということですが、少しずつ「投資」に回す金額を増やしていきたいものです。

たまに今の生活が精一杯で「投資」に回すお金がないと言われる方に出会います。

この方は仮に収入が倍になってもおそらく「投資」に回すお金はありません。

ロバートキヨサキさんも言ってます。

「あなたがまずやることは3つの貯金箱を用意することです。」

この考え方が身につかないと収入がいくら増えてもダメなようです。

またこんなことも言っています。

「ある程度貯まったら少しずつ始めなさい。無理してはいけません。」

ある程度、資金が貯まっているのであれば少しずつ始めましょう。

銀行に預けていてもお金の教養は身につきませんから。

資金がない方はまず、3つの貯金箱ですよ。

比率は「投資」2:「消費」6:「浪費」2ぐらいが無理のない配分だと言われています。

資金のない方の生活は「消費」7:「浪費」3くらいなのかな?

少し日々の生活で節約すれば可能な範囲なのではないかと思います。

実は、この生活費の資金管理が、資産運用における資金管理と大きな関係が出てきます。

自分を律して生活の資金管理ができた方は資産運用における資金管理もすぐにマスターできるようになりますので成功は目の前だっりしますよ。

 

ファイナンシャルプランナー持論カテゴリの最新記事