RSI(アールエスアイ)の使い方

(注意事項:メニューは左上のにございます)

 結論:RSI(アールエスアイ)は入り口、出口両方で参考になる

RSI(アールエスアイ)とは日本語で「相対力指数」と呼ばれ、一定期間における値動きの強弱を数値で表した指標です。

 

オシレーター系のインジケーターです。(オシレーターとは振り子のこと)

 

オシレーター系のインジケーターは主にレンジ相場の逆張り派が好んで使うものですが、RSIはバランスが抜群なのでレンジ相場でもトレンド相場でもある程度活用が可能になります。(他のオシレーター系インジケーターは敏感すぎるゆえレンジ相場でしか使い物になりません)

 

一般的にRSIは30%以下になると「売られ過ぎ」、70%以上になると「買われ過ぎ」と言われてます。エントリーポイントである入り口を探すのにも決済ポイントである出口を探すのにも使えるので参考にしたいものです。

参照元(外為オンライン

 

ただし、RSIだけで判断するのは危険なので必ず他のインジケーターと併用します。

 

MACDとの相性はとてもいいです。