IPO株で失敗する人の特徴

IPO株で失敗する人の特徴

IPO株で失敗する人っているんだろうか?

こんなことを考えていたら思いつきました、失敗する人!

普通に考えると考えられない話ですが、こうやったらどうなるかと想像を巡らすと失敗する人の人物像が見えてくるような気がします。

IPO株を購入するにあたり、全てに応募する人

IPO株は毎年約80%ぐらいは上昇しているので何も考えずに応募してても利益が期待できそうな気がします。
しかし、考えてみてください。上昇期待度が高いIPO株は調べた人も応募、全部応募する人も応募しています。
一方、上昇期待度が低いIPO株は調べた人は応募しない、全部応募する人は応募しています。
必然的に上昇期待度の低いIPO株に当選している可能性が高まっています。
年間通じて当選したIPO株の上昇確率は相当低いものになっている可能性大です!
大事なご自身の資産を運用するのですから、めんどくさがりになってはいけません。
IPO株のリスクはIPO株に当選し、かつそのIPO株が下落したときのみです。下落気配のあるIPO株にはそもそも応募しないようにしましょう。

IPO株を初値で売らず、持ち続けてしまった。

初心者がIPO株で資産運用する場合、上場日に手放すのが基本です。
上場後、さらに上昇していくIPO案件も少なくないためちょっと欲が出る人もいるでしょう。
しかし、その後ズルズルと下落していくIPO案件も少なくありません。
そして、購入価格以下になり戻ってこないなんて最悪ですね。せっかく当選したのに・・・
IPO株が上昇する理由の多くはマーケットの期待値であることを忘れてはいけません。
上場後、利益を狙うのはプロに任せて、私たちは当選したら、初値で売ることを肝に命じておく必要があります。

IPO株の抽選結果を確認していなかった

IPO株は上昇が期待できるので人気があるため簡単には当選しません。(運なので簡単に当選する人もいます。)
応募しては落選を繰り返しているとそのうち、「どうせ落選だろ」と確認しないことが出てくるかもしれません。
そんな時に限って当選してたりするから不思議なものです。
この場合、資産は減っていませんが精神的ダメージは計り知れません。
まさにこの時のために今まで応募を繰り返していたんですから!もしかしたら一番ダメージの大きい失敗なのかもしれません。
さらに相当値上がりしてたりしたら・・・もうメンタル崩壊です。
こんな失敗だけはしたくありませんからIPO株に応募したら必ず当選確認はしてください。
全ての証券会社が当選通知メール送ってくれれば問題ないんですけど、そうではないので!

 

ファイナンシャルプランナー持論カテゴリの最新記事